メンテナンス

sp_tel.png

治療を最小限化するために

いまではすっかり定着した、インフルエンザの予防接種。これは、諸症状を治すのではなく、せきや熱で苦しまないことを目的としています。歯科のメンテナンスも同じこと。疾病の早期発見ができれば、痛みや治療費を抑えることが可能です。

定期検診を受ける際には、ぜひ、ご家族でご利用ください。受けた諸注意やアドバイスに対し、自分だけ取り組むことが難しくても、ご家族の支えがあれば変わってくるはずです。また、お子さんの健康意識も高まることでしょう。

メンテナンスの流れ

まずは当院の院長が、お口の状態をチェックします。その後、衛生士が細かな点について指導やアドバイスを差し上げます。身近なスタッフであれば、医師には言いづらいことでも話しやすいのではないでしょうか。

検診の際には、日ごろのブラッシングでは落としきれない汚れやプラークなども、きれいに取り除きます。できましたら年に3から4回、季節ごとのクリーニングをしていただけると、歯は長持ちします。虫食いを防ぐといった点では、歯も衣服と同様です。

治療を途中でやめてしまった方へ

後ろめたさを感じる必要はございません。いますぐにでも治療を再開しましょう。施術途中の歯は、多くの場合、影響を受けやすい内部をさらけ出した状態にあります。ここにばい菌がたまると危険です。むし歯などの進行が早まるかもしれません。

詰め物やかぶせ物が取れてしまった場合も同様です。そのまま放置していると、いずれ抜歯というケースも考えられるでしょう。どちらにしても来院するのであれば、傷が浅いうちに手当てしませんか? 怒ったりとがめたりはしませんので、気軽にお声がけください。

また、気がかりなことや当院に対するご不満などは、ぜひ遠慮せずにお申し出ください。医療機関が治療への垣根を作っているとしたら、それこそ本末転倒です。私たちは、患者様が来院しやすい環境を整えるために、最大限の努力をいたします。

スタッフブログ歯医者ガイド

TEL:046-247-5433